「トランプ次期大統領と緊密に協力」安倍首相

日米同盟の絆を強固にしていくことを強調

 11月9日、安倍晋三首相(写真)は、米国大統領選挙で勝利したドナルド・トランプ氏に祝辞を送り、米国と緊密に協力し、日米同盟の絆を一層強固にしていく考えを示した。ハバナで9月撮影(2016年 ロイター/Alexandre Meneghini)

[東京 9日 ロイター] - 安倍晋三首相は9日、米国大統領選挙で勝利したドナルド・トランプ氏に祝辞を送り、米国と緊密に協力し、日米同盟の絆を一層強固にしていく考えを示した。

安倍首相はトランプ氏に対し、「大統領に選出されたことに心から祝意を表する」としたうえで、「類まれなる能力によりビジネスで大きな成功を収め、米国経済に多大な貢献をしただけでなく、強いリーダーとして米国を導こうとしている」と評価。「アジア太平洋地域の平和と繁栄を確保するために、日米両国で主導的役割を果たしていくことを心から楽しみにしている。世界の直面する諸課題に共に取り組んでいきたい」と呼びかけた。

民進党の蓮舫代表はトランプ氏の勝利について談話で「グローバリズムの行き過ぎが招いた格差を壊してもらいたいとの期待が米国民にあるのではないか」と分析。「トランプ氏には、過去の言動とは異なる寛容な行動を期待したい」と注文をつけた。

菅義偉官房長官は9日午後の会見で「日米同盟は日本外交の基軸であって、アジア太平洋、世界の平和と繁栄のために米国と緊密に協力していく。このことは、どなたが大統領になろうと変わらない」と強調した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ソニー復活の虚実

2017年度は最高営業利益を狙うソニー。しかし、過去10年は経営が苦しく、新規事業の仕込みが十分にできていない。次の成長事業が見つからなければ、再び下り坂が待ち受ける。