カシオが「Gショック」の先に描く屋台骨

樫尾会長肝いりの新規事業は結実するか

カシオ初のスマートウォッチ「WSD-F10」。新たな収益柱になるか(撮影:尾形文繁)

長年のウミを出し切り、新たな事業の柱を作ることができるか――。

カシオ計算機は11月2日、2017年3月期の通期業績予想を大幅に引き下げることを発表。売上高は従来予想の3700億円から3300億円に、営業利益は480億円から305億円へと下方修正した。5年ぶりの減益となる見込みだ。

上期(4~9月期)の実績も売上高1567億円(前年同期比約10%減)、営業利益135億円(同約37%減)と減収減益となったが、要因の大半は円高の進行だった。通期予想修正も円高が大きな要因の一つだ。

Gショック好調の裏でリストラ

為替を除くと主力事業は好調だ。看板商品「Gショック」など売上高の半分以上を占める腕時計の販売は、現地通貨ベースの金額では10%伸びた。訪日旅行客の需要が減速し他の日系時計メーカーが苦戦する中、海外でGショック人気が継続し気を吐いている。

ただカシオとしてはいつまでも時計だけに頼らず、体質を強化したい。そこでメスを入れるのが、赤字が続くシステム部門だ。今期中にプリンター事業から撤退し、OA事業を縮小する。プリンター事業では企業向け製品を展開していたが、他メーカーとの競争激化で苦戦が続いていた。既存顧客に対する保守やサポートは当面続ける。

OA事業はこれまで経営支援のITシステムを多業種に向けて展開してきたが、赤字部門から手を引く。今後はプロジェクターや伝票管理システムなど、成長の見込める分野に絞るという。プリンターとOA事業を足すと500名弱の人員がいるが、他部門への配置転換に加え、早期退職も視野に入れている。

次ページリストラ後のカシオが狙うもの
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。