前場の日経平均は大幅反発、230円高に

米大統領選挙への警戒感後退、ドル高進む

 11月7日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比230円04銭高の1万7135円40銭と大幅反発した。写真は都内で2011年3月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 7日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比230円04銭高の1万7135円40銭と大幅反発した。取引時間中の1万7000円台回復は2営業日ぶり。米連邦捜査局(FBI)が大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長官の私用メール問題について、訴追を求めないと報じられ、為替が1ドル104円台まで円安方向に振れたことを好感した。上げ幅は一時270円を超えたが、買い一巡後は様子見姿勢も広がり、1万7100円台でもみ合う展開となった。

米大統領選で共和党候補ドナルド・トランプ氏が勝利する「トランプ・リスク」への警戒感から、日経平均は前週に500円強下落していたこともあり、主力大型株を中心に買い戻しが入った。だが、上値を買う勢いは限定的だった。市場では「投資家の多くは大統領選の結果を見てから判断したいと考えている。クリントン候補が米大統領になってもドル高政策を取るとは考えにくく、一段の円安進行には懐疑的にならざるを得ない」(ちばぎん証券顧問の安藤富士男氏)との声が出ていた。

東証1部騰落数は、値上がり1490銘柄に対し、値下がりが399銘柄、変わらずが95銘柄だった。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。