宇野選手が男子SPで首位発進、ロシア杯

自己ベストの98.59点を獲得

 11月4日、フィギュアスケートのGPシリーズ第3戦、ロシア杯男SP、宇野昌磨が自己ベストの98.59点を獲得し、首位スタートを切った(2016年 ロイター/Grigory Dukor)

[4日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、ロシア杯は4日、モスクワで競技を行い、男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨が自己ベストの98.59点を獲得し、第1戦のスケートアメリカに続くGP2連勝に向けて首位スタートを切った。

宇野は「完璧ではなく課題もいくつかあるが、全体的にいいパフォーマンスだった」と述べた。

田中刑事は69.13点で10位に。世界王者のハビエル・フェルナンデス(スペイン)が91.55点で2位。ミハイル・コリヤダ(ロシア)が90.28点で3位につけた。

女子SPではアンナ・ポゴリラヤが73.93点でトップにつけ、2位にエレーナ・ラジオノワ、3位にユリア・リプニツカヤと地元ロシアの選手が続いた。日本勢では松田悠良が61.57点で7位、村上佳菜子は55.25点で10位だった。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。