「あごの異変」を放置している人に訪れる不調

10~30代に多い顎関節症を軽く見るな

原因その⑤:悪い噛み合わせや歯並び

噛み合わせや歯並びについてはさまざまな意見がありますが、現在では多くの原因の中のひとつと考えられています。噛み癖やブラキシズムの原因として関連しているともいわれています。

そのほかにも食事や歯の治療などで大きく口を開けたり、スポーツなどで顎などに強いダメージが加わったりすることによっても引き起こされます。もともと顎関節や筋肉が構造的に弱いとかかりやすくなるとされています。

治療をするには

顎関節症の治療方法はいくつかあります。

治療その①:マウスピースの作製

最も一般的に行われる治療方法として、プラスチックで出来たマウスピースによる治療方法があります。マウスピースを調整することであごの位置を調整します。また、寝ている間に起こる無意識の食いしばりや歯ぎしりから歯を保護します。そうすることであごが安静になり、徐々に症状が改善していきます。 

治療その②薬の処方

鎮痛剤や消炎剤を飲むことにより痛みと炎症を抑えます 。慢性化した炎症を抑えて、痛みの軽減を図ります。

治療その③:レーザー治療

顎関節の痛い部分にレーザーを当てることによって神経に作用し、痛みが減り、自然の治癒力が促進します。

治療その④:外科手術

非常にまれですが、中にはあごの関節やその周りが変形してしまっている場合など手術をする場合もあります。

また、自宅でのセルフケアは顎関節症を改善するうえでは必須です。たとえば、症状が強い時には「顎関節や筋肉部位を冷やす」「大きく口を開けるのを避ける」「硬いものを食べるのを避ける」「急に口を開閉しない」などを実行します。症状が和らいできたら、「顎関節や筋肉部位を温める」「筋肉のマッサージをする」「筋肉を引き延ばすリハビリをする」「顎関節症を悪化させる生活習慣を改める」などのケアが勧められます。

このように、簡単に治療できる方法も多いです。自然に治るかなどと思わず、気になることがあれば一度歯科医院で相談しましょう。初期症状であれば、比較的早く改善します。

顎関節症は軽度のものまで含めると、多くの人が経験するありふれた症候群であり、一時的に症状が出る程度で自然に治ることも多いことから、実際にその中で治療が必要となるものは症状を自覚した人の5%程度と言われています。顎関節症には生活習慣も大きくかかわっていることから、もしも顎関節症と思われる症状があれば、まずは顎関節症を起こすような習慣があるならそれをやめてみましょう。もしやめても改善が見られない場合には一度歯科医院に相談されることをお勧めします。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?