「仕事ができないやつ」から脱却する唯一の道

資格や語学がなくても「一番偉い人」になれる

仕事ができるようになるために最も重要なことは?(写真:kou / PIXTA)
私はコンサルティング会社に在籍した12年以上にわたる期間、大企業・中小企業をあわせて1000社以上を訪問し、そこで働く8000人以上の人々を見てきた。
マスメディアや本、ネットには「偉大な成功者たち」のエピソードが数多く並んでいるが、長く働くうち、「偉大な成功者たち」に関するエピソードよりも、身のまわりにいる、普通の人々に学ぶことのほうがはるかに多いことがわかった。だから、私の紹介する話は普通の方々が悩んで出した結論や、必ずしも成功とは言えない体験談、現場での素直な感想などである。
一度に大きな変化を起こすことは誰にもできない。何かを成し遂げようとするならば、それなりの準備や時間をかけて物事に取り組む必要がある。この連載の目的は、そのような方々の一助となることである。

仕事ができる人になるには?

「どうすれば『仕事ができるやつ』になれるでしょう?」

そういった相談を、若手の方からよくいただく。

「やっぱり論理的思考力を身に付けるべきですか?」

「英語ができたほうが良いですかね?」

「資格はとったほうがいいですか?」

多くはそういった類の相談だ。もちろん、いずれも間違いではない。

しかし、私がコンサルタントとして、多くの企業を見て学んだことのなかで、最も重要だと思ったのは、そのようなことではなかった。

それに私が気づいたのは、ある会議でのことだった。会議のテーマは「集客」だった。新しいサービスを立ち上げたのだが、いまひとつ反応が悪く、「これからどうすべきか」の話し合いを部門全体で行なっていた。

会議のメンバーは部門の主要メンバーで、約15名、若手からベテラン、部門長までが一堂に会していた。

次ページ会議が始まった
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
働く若者へ<br>ワークルールで身を守ろう!

「バイトのシフト入りを強要された」「残業代が適切に払われない」…職場で理不尽な目に遭うこともある。そこで役立つのは労働法=ワークルール。学んでおけば自分を守る武器となる。