「福島の子ども、12人甲状腺がん」の謎

がん発見率は定説の85~170倍、なのに原発事故と無関係?

甲状腺検査について議論する検討委員会(写真は星座長)

12人の子どもが甲状腺がんの診断、別途15人が疑い

2011年3月の原発事故時に0~18歳だった子どもを対象に実施されている福島県による甲状腺検査で、これまでに12人が甲状腺がんと診断された。12人とは別に、甲状腺がんの疑いのある子どもも、15人にのぼっている。

これは、6月5日に福島県が開催した「県民健康管理調査検討委員会」(星北斗座長)で報告された。

甲状腺検査の責任者を務める福島県立医科大学の鈴木眞一教授は昨年の『週刊東洋経済2012年6月30日号』インタビューで、「通常、小児甲状腺がんが見つかるのは100万人に1~2人程度。1986年のチェルノブイリ原発事故で小児甲状腺がんが多く見つかったのは被曝の4~5年後からで、発症までに一定のタイムラグがある」と語っていた。

次ページ通常の発見率よりも大きく上回る数値
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー

『週刊東洋経済』月額プラン新登場。今なら、1カ月無料。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
日本交通 異色タッグの勝算

マッキンゼー出身で、日本交通の社長であった川鍋一朗が会長に退いた。後任はカネボウ化粧品の元社長、知識賢治。狙いは「テクノロジー会社に生まれ変わる」こと。その成否はいかに?

  • 新刊
  • ランキング