松下幸之助「経営に失敗する理由はひとつだ」

正しいことを行えば失敗することはない

経営をやっておって悩むようなことがあったら、自然の理法にかなったやり方をしておるかどうか、反省してみたらええよ
江口克彦氏の『経営秘伝――ある経営者から聞いた言葉』。松下幸之助の語り口そのままに軽妙な大阪弁で経営の奥義について語った著書で、1992年の刊行後、20万部を売り上げるヒットになった。本連載は、この『経営秘伝』に加筆をしたもの。「経営の神様」が問わず語りに語るキーワードは、多くのビジネスパーソンにとって参考になるに違いない。

 

ごはん、食べよか。こう庭の風景を見ておると、なんとなく自然の理法というようなものが働いておるなあという感じがするね。いま新しい葉が出ておるけど、やがて濃い緑になって、枝は伸び、年々(ねんねん)歳々(さいさい)同じからずやな。

その自然の理法というようなものはなんかということは、ようわからんけど、万物を万物たらしめている力というか法則というか、そういうもんやろうな。水が高いところから低いところへ流れるのも、物が上から下へ落ちるのも、まあ、自然の理法というもんやろう。そういう理法が厳然として、この宇宙万物に働いておる。そういう自然の理法というものの特質とはなにかと言えば、それは「生成発展」ということやと、わしは思っておるんや。

生成発展こそ自然の理法である

この連載の一覧はこちら

なあ、この世は無常と言うけれど、それは常ではないということやろ。常ではないということは、動いておるということや。宇宙全体、万物ことごとくが常に動いておる。そこで、その動き方をどうみるか。衰退とみるか、発展とみるか、それは人間の自由ということになるわな。わしは「生成発展」であるとみるわけや。

なぜなら、きみ、第一そう考えたほうが、人間にとって幸せにつながるやないか。ますます発展する。そういう理法のなかで生きておるとすれば、そこに人間の努力の意義も出てくるわな。けど、そうではない。衰退であると。衰退していくんだ。だんだんと衰退していくんだとするならば、人間はどんなに努力をしても意味がないということになるわな。

うん、死か、それも生成発展のひとつの姿やな。やがてこの新緑の葉も秋が来るとともに枯れ葉になって、散っていくわね。けどまた、次の春には木々は芽を吹いて、そして茂っていく。人間も個々の姿を見れば、一枚の葉のように死んで、この世から去って行くということになるけれど、人間全体からすれば、それがまた生成発展のひとつの姿ということになるわな。

次ページ人間が勝手にそう解釈しているに過ぎない
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。