起業家に向くのは、どんな人ですか?

【キャリア相談 Vol.12】

 何かにつけ不確実性の高い現代。一生安泰の仕事も、未来永劫つぶれない企業も存在しない。自分の仕事に明日があるのか――それをつねに考えておかないといけない時代だ。 この連載では、悩めるビジネスパーソンからのキャリア相談を募集。外資系金融、コンサル、ライブドア、企業再生コンサルなどを渡り歩き、数多くの業界やスタートアップに精通する塩野誠・経営共創基盤(IGPI)パートナーに、実践的なアドバイスをしてもらう。

起業家の象徴と言えるフェイスブックのマーク・ザッカーバーグ。起業家に向いている人間のタイプとは?(写真:Getty Images)
【Vol. 12】 ホワイト企業と起業のどちらを選ぶべきですか?
 初めまして、私は新卒で金融機関に入った社会人2年目です。今の職場は親会社の手厚い保護を受けた金融業界には珍しいホワイト企業で、特に不満があるわけではありません。勤務地は固定で、帰りは早く、年収も自動的に上がって、最終的にはそこそこもらえる予定です。
 私は大学の頃からずっと起業しようと思っていたのですが、カネもアイデアもないから、とりあえず今の会社に入りました。その会社がここまで居心地のよいものとは思いませんでした。
 時間があるので、当面は難関資格の勉強や社会人大学院に通ってスキルアップをし、今の会社より格上の会社にステップアップをして、30歳くらいになったら起業できればと思っていますが、それが正解なのかよくわかりません。
 塩野さんが僕ならどうしますか?  (金融機関勤務・20代男性)

起業家の“その後”は9割方予言できる

みなさん、こんにちは。東京はだいぶ蒸し暑くなってきましたが、みなさんはお元気にやっていらっしゃいますでしょうか? 先日、インフィニティベンチャーサミット(IVS:国内外のIT企業の経営者・幹部を対象にした招待制のカンファレンス)に参加するために北海道に行ってきましたが、東京との気温差が10度あり、ちょっと驚きました。

今回はすばらしいホワイト企業(金融機関)に新卒入社した方から、スキルアップや起業をしたほうがよいかどうかのご相談にお答えします。

筆者ならどうするか?との問いですが、筆者ならその会社に一生勤めます。非常にうらやましい境遇です。もう遅いですが、筆者もぜひとも入社したいところです。

起業については拙著『リアルスタートアップ~若者のための戦略的キャリアと起業の技術』をお読みください、と言うのも無責任なので、少し整理してみましょう。

筆者は20代のときにゴールドマン・サックスという米系投資銀行を辞めて、中学生のときからの友人とインターネット関連企業を起業したことがありますので、少しは現実的なことをアドバイスできるかと思います。

筆者も馬齢を重ね、おっさんになって思うのですが、若い方のキャリアプランや若い起業家のビジネスプランを見て、その後にどうなるか、9割方は想定内の動きをします。なんというかパターン認識のようなもので、たくさんのパターンから構成要素を抜き出して当てはめていくと予言があたる感じです。

次ページスターバックによくいる起業家のタイプ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。