「組織密度」と「組織熱量」で最強の中堅企業に

「体質」を誇る中規模の「城」が日本の競争力を高める

中堅企業は「城」でなくてはならない。たとえ石高(こくだか)が大きくなくとも、働き者、知恵者の忠臣が支える個性溢れる「城」を目指さなければならない。「体格」ではなく、「体質」で戦うとはそういうことだ。

多くの大企業は見かけの石高は大きくても、その内実は汲々としている。大きな城は維持するのが容易ではなく、実は脆い。小さくとも、堅牢な「城」を数多く生み出すことが、日本の産業政策にとってとても重要なテーマなのだ。

それでは、規模が拡張してしまった大企業はどうすればよいのか。もちろん、トヨタ自動車のようにあれだけの「体格」を持ちながら、優れた「体質」を誇る会社は存在する。トヨタの真の強みは、世界一の自動車メーカーでありながら「城」の感覚を失っていないところにある。

残念ながら統治不能に陥ってしまった大企業は、「連邦経営」を目指すしかない。形だけのカンパニー制や事業部制などではなく、「城」として自主独立させ、それぞれの「城」は持ち味を活かした独自の繁栄を目指す。中途半端なシナジーなどを期待してはいけない。個性的な「城」が連なる「連邦経営」こそ、日本の大企業が目指すひとつの方向性である。

これまでの産業政策は、大企業と中小企業の議論に終始しがちであった。実は、日本のグローバル競争力を高める鍵は、「体質」を誇る中規模の「城」をどれだけ育てられるかにかかっているのである。
 

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
高崎高島屋の売り場革命

閉店が続出する地方や郊外の百貨店。逆風の中、高崎高島屋は全国的に有名な和菓子店や化粧品ブランドを次々と誘致し、集客を伸ばす。地方百貨店の活路を示す取り組みをリポート。