「アジア現地採用」の待遇はどんなものか?

「グローカルジョブ」に求められるスキル

アジアの日系企業では、現地採用であっても、日本人は、現地人スタッフと比べて圧倒的な高給を得ることができます。そこでは「日本語力」と「日本式ビジネスマナー」が高く評価されるからです。つまり「普通のサラリーマン」として日本で数年間勤めた経験のある若手にとって、日本人メリットが最大限に生かせるのがアジアでの現地採用という選択肢なのです。
普通のサラリーマンのためのグローバル転職ガイド』では、アジアの日系企業での勤務など、海外で日本人を相手にする仕事を「グローカルジョブ」と名付けています。
連載第2回では、「グローカルジョブ」で働く場合に求められるスキル、また現地での待遇や生活レベルは、実際のところどんなものなのか、を見ていきます。
急速な経済成長が続くインドネシア。町も活気にあふれている(写真:ロイター/アフロ)

 日本で働いているときより金銭的には楽になる?

この連載の第1回では、多くの人が海外で働くという時代がやってくるということをお伝えしましたが、2013年の現在、すでに非常にたくさんの日本人が海外で働いています。

海外就職というと、どのような人を想像しますか?

日本の会社に就職し、社命によって駐在員として海外に単身赴任で飛ばされるジャパニーズサラリーマンでしょうか?

定年退職後、タイの工場で、日本で身に付けた自らの技術を現地の若者に伝承する、工場技術者のおじいちゃんでしょうか?

もしかしたら、月給5万円で中国のコールセンターに就職し、日本に帰るカネにも困っているという人が出ていたドキュメンタリー番組を思い出す方もいるかもしれません。

もちろん、上記のような人たちもたくさんいますが、今、20代の若者の中で増えているのが、インドネシア、タイ、マレーシアやベトナムの大都会で、現地の日系企業に就職するアジア現地採用です。

アジア現地採用で最も需要があるのが、日本で2~10年程度の職務経験のある若手から中堅の人材です。業種は、製造業の営業、工程管理、調達、物流、貿易や商社の営業、IT技術者、小売りの店舗運営などさまざまです。

そして、その給料は、国、業種、職務内容、年齢などによって異なりますが、一例としてインドネシア・ジャカルタで、20代の若者が製造業の営業職に就く際の相場が1800~2000ドル(18万~20万円)くらいです。

ジャカルタの物価は、最近上がってはいるものの、日本の2分の1から4分の1程度です(たとえば、コカコーラ500ミリリットルが70円、カップ麺が30円、チャーハン1皿が200円くらいです。※2013年4月現在のレートで計算)。

現地採用で働いている若者の多くは、コスと呼ばれるワンルームのサービスアパートに住んでいます。家具付きの小ぎれいなデザイナーズマンションといった趣で、電気、水道、ガス代込み、掃除、洗濯のサービス付きで、月3万~5万円程度の家賃で暮らしています。

また、ジャカルタは、公共交通機関が未発達なため、1人1台運転手付きの車が支給され、朝は自宅まで迎えに来て、夜は飲み屋への送迎までしてくれるような契約になる場合が多いです。

コスには安くておいしいインドネシア料理を出してくれるカフェがついています。街に出れば大戸屋やココイチ、吉野家といった日系の大手外食チェーン店があり、さまざまな日本料理も楽しめます。ダイソー、無印良品、ユニクロや、日本語が通じるクリニックもあり、不自由のない暮らしができます。

次ページ日本人が必要とされる2つの理由
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。