オバマ政権移民改革、最高裁が再審請求却下 

下級審の改革差し止め判断を維持

 10月3日、米連邦最高裁は、移民制度改革に関してオバマ政権が出していた再審請求を退けた。写真は米・メキシコ国境を隔てる壁。9月撮影(2016年 ロイター/Jose Luis Gonzalez)

[ワシントン 3日 ロイター] - 米連邦最高裁は3日、移民制度改革に関してオバマ政権が出していた再審請求を退けた。大統領は改革で不法移民に米滞在への道を開くことを目指したが、下級審の改革差し止め判断が維持されることとなった。

移民制度改革はオバマ大統領が2014年に発表した。共和党が支配する議会を回避し、大統領令で改革を実行するという強行策に踏み切ったが、テキサス州などの26州が違憲行為と主張し提訴していた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。