本物のリベラルアーツを日本人は知らない

リベラルアーツとは何か(下)

日本人はどうやって日本人になるのだろうか? そんな誰もが意識したことがないことを、グローバル化という視点でとらえていくとどうなるだろうか? 21世紀のグローバル化が私たちに突きつけている問題は、国際標準語(英語)を話す国際人になることではない。日本人という確固たるアイデンティティを持って、世界を舞台に活躍できる人材になることだ。
しかし残念ながら、日本で日本人の両親から生まれ、日本の教育を受けて育つと、真の日本人にならない。一人娘をアメリカと中国の教育で育てたジャーナリストが、その経験を基に、日本人とは何かを問いかける。
4月13日に全日空インターコンチネンタルホテルで行われた「ベイツ・カレッジ」のレセプション(卒業生と父兄の集い)記念写真

今回も前回に引き続いて、リベラルアーツについて述べてみたい。

リベラルアーツのような教育は、グローバル人材をつくるには必要不可欠だからだ。アメリカには数多くのリベラルアーツカレッジがあるが、そこには世界各国から留学生が大勢やって来ている。そうして、必然的にインターナショナルコミュニティが形成されている。

このインターナショナルコミュニティの中でもまれると、誰もが強く母国を意識するようになる。また、自分たちの社会、自分たちの文化とは何かと、あらためて考えるようになる。つまり、学生たちは、リベラルアーツ教育を通して自身のアイデンティティを確立していくのだ。

しかし残念ながら、ほとんどの日本の大学では、留学生はいてもその数が圧倒的に少ない。だから、インターナショナルコミュニティと呼べるほどのコミュニティは形成されない。その結果、いくら国際学部、国際教養学部といっても、その中で日本人としてのアイデンティティは形成されない。

しかも、日本の大学で行われている一般教養教育は、欧米でいうリベラルアーツとは似ているようで、実はまったく異なると言っていい。

日本には真のリベラルアーツ教育がない

前回の記事ではこのことを、欧米と日本の学問体系の違いから説明した。たとえば、経済学は社会科学だから、欧米では「理系」である。ところが日本では「文系」になっている。それはなぜか?ということを説明した。もし、経済学を文系と思っている方がいたら、ぜひ、前回の記事を読んでほしい。

ここでのポイントは、欧米の学問体系は大きく2つに分かれていること。ひとつは「アート、art」で、もうひとつは「サイエンス、science」である。アートが日本でいう「文系」で、サイエンスが「理系」と考えてもいいが、その本質はまったく違う。

なぜなら、キリスト教世界に生きている欧米人にとって、アートは「人間がつくったもの」のことを指し、その科目がアートだからだ。美術、文学、音楽はもちろん、歴史、哲学もアートだ。

では、サイエンスは何かというと、「神がつくった世界=自然(ネイチャー)」を研究する科目だ。このうち、化学や物理学を自然科学といい、経済学や心理学などを社会科学という。

ところが、日本では、各学科はこのような体系で分類されていない。明治期以来、輸入されてきた学科が、文系、理系の違いを深く考えずに、継ぎはぎにされて存在するだけである。だから「文学部心理学科」のような欧米の伝統的な学問体系に基づいたらありえないことが、日本では起こる。

リベラルアーツは、一言で言うと、こうした欧米の学問体系の「基礎」「入口」である。ということは、日本では、本当の意味でのリベラルアーツ教育は存在しないことになる。

次ページ自由人として生きるための素養
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。