30歳年収「東京都トップ500社」ランキング

上位3社にM&A関連企業、総合商社も高い

企業内ではまだまだ若手。東京の企業でも1000万円プレーヤーは限られる(写真:naka / PIXTA)

30歳といえばストレートに大学を出て7~8年。もう立派な大人だ。平均年齢の若い新興企業なら役職就きで活躍していたり、起業して活躍していたりするもいる。老舗の伝統的な企業であっても、責任ある仕事を任されている人もいるだろう。

そんな30歳の会社員はいったいどのぐらいの給与をもらっているだろうか。東洋経済オンラインは上場企業約3600社を対象に各社の30歳社員の年収を推計。全国7地域(北海道・東北、東京除く関東、東京、中部、近畿、中国四国、九州沖縄)に分けてまとめた。その第1弾として東京都の上位500社ランキングを公表する。7月に配信した「40歳年収『東京都トップ500社』ランキング」の30歳年収版となる。

『会社四季報』の本社欄に掲載した本社所在地が東京都となっている会社のうち、単体の従業員数が20人に満たない場合や平均賃金の発表がない企業は除き、1549社を集計した。各社直近の有価証券報告書の公開データと、厚生労働省が調査・公表している「平成26年度賃金構造基本統計調査」の5歳刻み賃金額(所定内給与+賞与)から業種分類ごとに賃金カーブを算出し、それを各企業の平均年収と年齢に当てはめて試算した。あくまで理論的に割り出した推計値ながら、一定の目安となるはずだ。

グループ企業については、全体で連結ベースの年収を算出するのがベストだが、基データとして使用している有価証券報告書のデータが単体会社のものであるため、単体の年収数字となっている。本社の中枢機能を担う社員しかいないケースが多く、年収が製造現場などの実態より上振れる傾向にある純粋持ち株会社を一部除いている。

1位M&Aキャピタルは2222万円

「40歳年収『東京都トップ500社』ランキング」と同じく、1~3位はM&Aキャピタルパートナーズ(2222万円)、GCAサヴィアン(1832万円)、日本M&Aセンター(1104万円)、といったM&A(企業の買収・合併)の仲介や助言を行う成長企業がそろい踏みした。大手企業の事業拡大目的や中小企業の事業承継など、3社のM&A関連事業はそれぞれだが、特殊な事業に対応できるノウハウを持った優秀な人材を集めるために高給を払ってビジネスを展開しているのだろう。3社が公表している平均年齢も若く、実態も試算値とかけ離れていないはずだ。

このほか上位には三菱商事(5位1048万円)、三井物産(6位994万円)、住友商事(10位902万円)などの総合商社のほか、三菱地所(同率10位902万円)などの超大手企業の姿が目立つ。とはいえ、30歳は企業内ではまだまだ若手でもあり、1000万円超プレーヤーとなると限られている。集計対象企業を単純平均すると、30歳推計年収は491万円、平均年収は617万円、平均年齢は39.5歳だった。 

次ページまずはトップ50社!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。