快進撃LINEが狙う、O2O世界覇者の座

4月社名変更で、いよいよ本格化する世界戦略

LINEの世界戦略を指揮する、出澤剛取締役

LINEに関する過去連載記事はこちら→前回前々回

ミッキーマウス、ドラえもん、アンパンマン、初音ミクといった超一級のキャラクターたちが一堂に会するーー。

彼の国の遊園地の話ではない。そんな夢のような話が、LINE上では実現している。“スタンプ”としてLINEの世界で勢ぞろいしているのだ。

世界的なブランドやキャラクターが、こぞって登場する巨大プラットフォームにまで成長したLINE。LINEが描く究極の野望は、社会のインフラになること。O2O(オンライン・ツー・オフライン)は、その重要なパーツなのだ。

2013年4月、旧NHN Japanは、社名を「LINE株式会社」に商号変更した。本格的にLINEに集中し、LINEを中心とした事業展開を加速するのが目的だ。

LINEがかねてから掲げる“プラットフォーム戦略”。基本部分は、利用者同士のコミュニケーションから成り、周辺にエンターテインメントのコンテンツ、ゲーム、マーケティング、といった各プラットフォームを配する。マーケティングプラットフォームのコアな部分を担うのが、“O2O”という仕掛けだ。

“爽健美茶”と“モテキ”がコラボ

LINEでは、変化の速い時代に勝ち抜くため、あえて事業計画を作らないという。O2Oの売り上げ目標などは定めていないが、O2Oにかける期待は大きい。

「O2Oは今後、収益への貢献も非常に大きいものになっていく。LINE全体にとっても、最重要課題のひとつだ。これから、店舗や企業への営業も拡大していく」とLINEの出澤剛取締役は力を込める。

LINEの描く究極の「絵」は、利用者同士、利用者と企業、店舗など、すべてをつなぐインフラになることだ。O2Oはその実現に欠かせない重要なパーツ。LINEの描くO2Oのグランドデザインにおいて、現在はまだ1、2合目という段階だ。

次ページ新サービス「LINEマストバイ」とは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。