月末金曜を15時退社に!…結局「誰得」なのか

「プレミアムフライデー」の功罪

「プレミアムフライデー」構想のメリット、デメリットとは?(写真 :SoutaBank / PIXTA)

金曜日に仕事を早く切り上げて、買い物や旅行などの余暇を楽しむ。政府や経済界で、そんな「プレミアムフライデー」構想が検討されていることが報じられた。

報道によると、「プレミアムフライデー」では、月の最後の金曜日は15時に退社する。一方で、流通業界や旅行業界、外食産業が連動してイベントを開催。旅行や買い物を促し、個人消費を喚起する狙いがあるという。

昨年は国家公務員を対象として行われた、始業時間を早めて夕方に仕事を終える試み「ゆう活」が話題となったが、労働者にとって、「プレミアムフライデー」はどんなメリット、デメリットがあるのだろうか。神内伸浩弁護士に聞いた。

上司や同僚に気兼ねなく退社できるメリット

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

「長時間労働は一般的に労働効率が悪いだけでなく、メンタルヘルス不調を引き起こす等、労働者にとっても好ましい就業形態ではありません。企業側としても割増賃金の支払いが義務付けられ、コストもかさみます。

しかし、一方で、残業をして遅くまで会社に残っていることが『美徳』とされる文化が根付いていたり、そのような考え方をしている人たちが現にいることもまた事実です。そのような職場の雰囲気を急に変えようと思ってもなかなか意識改革を実現することは難しいでしょう。

そんなときにプレミアムフライデーを導入することは、一定の効果が期待できると思われます。すなわち、労働者にとっても『上司や同僚に気兼ねなく早く退社をすることができる』というメリットがあります。

次ページとはいえ…
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。