「ペットの病気」は飼い主をここまで苦しめる

もはや「たかが犬猫」では片付けられない

神奈川県の杉山輝彦さん(仮名)は今年2月、推定13歳の雑種猫・ジダン君の様子がおかしいことに気がついた。

トイレで苦しそうな声を上げ、排尿ができていない。いつもはそばを離れないのに、人目につかない家具の隙間に入り込んで出てこない。「尿路結石が再発した」。杉山さんはピンと来た。

7歳以上の猫に起こりやすい病気

尿路結石は猫に極めて起こりやすい病気だ。特に7歳以上の猫では、加齢で内分泌機能の低下や骨量の変化が起こり、シュウ酸カルシウム結石を起こしやすくなる。人間の結石同様に強い痛みがあり、また尿毒症や急性腎不全を起こせば死亡にもつながる。

週刊東洋経済9月10日号(5日発売)の特集は『みんなペットに悩んでいる』です。画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

杉山さんは地元のかかりつけ獣医で尿道にカテーテルを入れるなどしたが、結果ははかばかしくない。「うちでできることはもうない」といわれ、犬・猫の高度医療を専門に手掛ける横浜の病院を紹介された。

そこで提案されたのは会陰尿道造瘻術。ペニスと尿道の細い部分を同時に切除する手術だ。費用の見積もり額は40万円。見た瞬間、杉山さんは妻と顔を見合わせた。「た、高い……」。

しかし杉山さんは手術を決めた。ペット保険に加入しているので全額自己負担にはならないし、完治し二度と再発しないのであれば価値があると考えた。

手術は成功。手術後も膀胱炎のケアなどでかかりつけ獣医に何度も通ったが、8月上旬に「もう完全に治っています。当面は来なくてもいいですよ」と言われ胸をなでおろした。

猫にとって病院での検査は犬以上に苦痛なもの(写真と記事は関係ありません、撮影:今井 康一)

ただ、この半年でかかった治療費は約100万円(保険対象分含む)に上った。「痛い出費だったとは思います。しかし惜しくはありません。何よりも大事なジダンのことだから」。

ジダン君の年齢が推定なのは、元野良猫だからだ。10年前、杉山さん宅に迷い込んできた。妻と子は猫嫌いで飼うのを反対したが、“反対勢力”が実家に帰省している間にジダン君を家に入れ、既成事実化した。恩義を感じているのか、今でもジダン君は夜必ず杉山さんの布団で寝る。

次ページ他人の心ない言葉で深く傷付く飼い主も
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。