ユニクロ、国内既存店5カ月ぶり減少の理由

8月は気温の低下や台風上陸などが逆風に

 9月2日、ファーストリテイリング は2日、8月の国内ユニクロ既存店売上高が前年同月比1.0%減少したと発表した。写真は都内で4月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 2日 ロイター] - ファーストリテイリング<9983.T> は2日、8月の国内ユニクロ既存店売上高が前年同月比1.0%減少したと発表した。減少は、3月以来5カ月ぶり。気温が低かったことや、台風上陸などが影響した。

客数は同1.6%減、客単価は0.6%増だった。ダイレクト販売と直営店の合計では、0.2%増と8カ月連続プラスとなっている。

2016年8月期は前年同期比0.9%増で4期連続でプラスとなった。客数は同4.6%減、客単価は同5.8%増だった。下期(3―8月期)を見ると、既存店売上高は4.9%増で、客数が2.6%減、客単価が7.7%増だった。

 

(清水律子)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。