スペインで恒例トマト祭り、150トン投げ合い

参加者は全身赤一色のトマトまみれに

 8月31日、スペイン東部のブニョールで毎年恒例のトマト投げ祭り「ラ・トマティーナ」が行われた。(2016年 ロイター/Heino Kalis)

[ブニョール(スペイン) 31日 ロイター] - スペイン東部のブニョールで31日、毎年恒例のトマト投げ祭り「ラ・トマティーナ」が行われた。参加者らはこの日のために用意された約150トンの熟れたトマトを投げ合い、全身赤一色のトマトまみれになりながら祭りを楽しんだ。

祭りが行われる通りでは前日からバルコニーをシートで覆ったり、家や店先に板を打ち付けたりして祭りの準備をする様子が見られた。

「ラ・トマティーナ」は第二次世界大戦後からのブニョールの伝統行事で、近年は世界にも広がっている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。