個人が日本語に新語を付け加える現代

ネットで生まれ、リアルに進出してきたDQNの事例

かつての発生源は「王様の愛人」や「犯罪者」だった

著者:堀田純司(作家) (撮影:今井康一)

私は「言葉が発生するプロセス」に昔から興味があるのですが、現代で面白いのは、個人発の用語がそのまま日本語に定着してしまう例が見られるところです。

もちろん一人の人の言動から新たな言葉が生まれた例は過去にも多くありました。

たとえば17世紀、ルイ14世の寵姫マリー・ド・フォンタンジュの工夫がきっかけとなって、「フォンタンジュ」という、今でも通じるヘアスタイルが生まれています。

ただこの場合、発生源は「王様の愛人」という注目のセレブだったわけで、一個人とはいいづらい。

では無名の市民発の例をあげると、たとえば「出歯亀」は、池田亀太郎という犯罪者の個人名から。しかしこれもメディアが取り上げたからこそ一般に広まったものでした。

その点、テキストのコミュニケーションが主体であるネットの世界は、独自用語の楽園で、しかも印象的な投稿や、言い間違い、警察に逮捕される直前の断末魔の書き込みなど、一個人発というルーツが、はっきり確認できるものも多い。

その中でもDQN(ドキュンと読む)という言葉は特に面白い。この言葉はネットを越えてリアルにまで進出し、どうやら日本語に新たなボキャブラリーを付け加えてしまったように見えます。

次ページDQNはいつどこで生まれたのか?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。