ロンドン地下鉄、週末限定で終夜運行を開始

初めは東西と南北を結ぶ2路線で運行

 8月19日、「チューブ」の愛称で知られるロンドンの地下鉄が、金曜と土曜の終夜運転を開始した。3月撮影(2016年 ロイター/Russell Boyce)

[ロンドン 19日 ロイター] - 「チューブ」の愛称で知られるロンドンの地下鉄が、19日から金曜と土曜の終夜運転を開始した。初めは東西と南北を結ぶ2路線で運行し、今後ヒースロー空港への路線を含む3路線でも導入される予定。

地下鉄の終夜運転は長らく予定されていたが、導入に伴う賃金引上げや労働条件改善を求める労組の反対で延期されてきた。

米ニューヨークの地下鉄ではすでに終夜運転が行われているほか、パリの地下鉄(メトロ)も週末に深夜まで運行している。

サディク・カーン・ロンドン市長によると、終夜運転により、年間7700万ポンド(約100億円)の経済効果が見込まれる。

世界で最も古い地下鉄である「チューブ」は1863年1月10日にパディントンとファリンドン・ストリート間で開通。現在では近隣の郊外にまで広がり、年間の利用客は13億人を超える。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。