日銀新総裁、黒田氏の3つの選択肢

国際派財務省OBの手腕が試される

答えは黒田東彦(はるひこ)アジア開発銀行総裁だった。

2月28日、政府は日本銀行総裁に黒田氏、副総裁には岩田規久男学習院大学教授と中曽宏理事とする人事案を示した。衆参両院で過半数の同意を得れば、3月20日に黒田日銀が発足する。

デフレ脱却に向けた「アベノミクス」3本の矢(金融政策、財政政策、成長戦略)の一翼を担う日銀トップ人事は、注目の的だった。

現副総裁2人の任期は3月19日。白川方明総裁が4月の任期満了を待たず、副総裁退任に合わせて辞任する意向を示して以降、次期総裁人事の報道がヒートアップする。22日の会見で日銀人事について問われた甘利明経済再生担当相は、「(報道で)10人ぐらい名前が挙がったので、たぶんその中の誰かではないか」と言及していた。

次ページ日銀に批判的な2人
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。