元FBI職員、中国に機密情報を提供していた

スパイ行為を認める

 8月1日、米連邦捜査局(FBI)の機密情報を中国に流した容疑で逮捕されていたFBIの元職員クン・シャン・チュン被告が、マンハッタン連邦裁判所に出廷し、中国政府の代理人として違法な活動を行っていた罪を認めた。ニューヨークで撮影(2016年 ロイター/Nate Raymond)

[ニューヨーク 1日 ロイター] - 米連邦捜査局(FBI)の機密情報を中国に流した容疑で逮捕されていたFBIの元職員クン・シャン・チュン被告(46)が1日、マンハッタン連邦裁判所に出廷し、中国政府の代理人として違法な活動を行っていた罪を認めた。

チュン被告は中国で生まれ、米国で市民権を取得。1997年から電気技師としてFBIに勤務。連邦検事によると、同被告は2011─16年の間に、FBI職員のIDや出張スケジュール、内部組織図、立ち入りが制限されている場所で撮影した監視技術関連の書類の写真などを中国側に流していたという。

チュン被告は3月に逮捕されていたが、今回初めてその事実が公表された。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。