「AMG」最強モデルはいったい何がスゴいか

メルセデスがニュルで鍛えた「GT R」の実力

AMG グリーン ヘル マグノ

AMG伝統のワンマン ワンエンジン

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

メルセデス-AMGは、フラッグシップモデルAMG GTの最強バージョンを英国で行われたグッドウッド フェスティバル オブ スピードにおいて公開した。その名はAMG GT R。AMG伝統のワンマン ワンエンジン(ひとりのマイスターがエンジンの組み立てを最初から最後まで担当)の哲学によって造り出される4リッターV8ツインターボは、最高出力が430kW(585PS)に、最大トルクは700Nm(71.3kgm)にまで引き上げられている。

ヴィヴィットなグリーンのボディカラーは、特別に用意されたAMG GT Rのためのもの。その名はAMGグリーン ヘル マグノという。これは世界一厳しい公道を模したサーキットである、かのニュルブルクリンク北コースの別名「グリーンヘル」=緑の地獄を意味している。このGT Rがニュルブルクリンクで開発されたことに由来すると同時に、ニュルブルクリンクへの敬意を示したといえるだろう。

AMGはGT Rの開発テストをニュルブルクリンクで重ね、パフォーマンスを磨き上げてきた。エンジンはこれまでのモデルと同じ4リッターV8ツインターボだが、新型ターボチャージャーの採用や、よりコンパクトなウエストゲートアネロイドカプセル、先鋭化されたエンジンプログラムなどのソフトウェアのバージョンアップなどによってオーバー100PSのエクストラパワーが達成された。

エンジンスペックを比較すれば、これまでのラインナップは、340kW(462PS)の最高出力を持つ4リッターV8ツインターボのGTと、同じく4リッターV8ツインターボの最高出力を375kW(510PS)に高めたGT Sというふたつのグレードをラインナップ。今回登場したAMG GT Rは、その上を行く430kW(585PS)の最高出力を誇り、すなわち最強AMG GTとなるパワーを得たトップグレードとなる。ベースモデル比で90kW(123PS)をも向上させたそのパフォーマンスは、いかにもRの称号に相応しい。

次ページエンジン本体の効率まで
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。