国の存在感アップにスポーツ庁は必要ですか?

東洋経済1000人意識調査

48.6%が「必要がない」

政府はスポーツ関連の行政機構を一つにまとめる「スポーツ庁」新設を検討している。スポーツで国際社会における国の存在感を高めるのが狙いだが、行政スリム化の流れには逆行する。新設の必要はあるのか。48.6%が「必要がない」と回答。

政府は各府省にまたがるスポーツ関連の行政機構を1つにまとめる「スポーツ庁」設置の検討を始めました。スポーツの実力を引き上げ、国際社会における日本の存在感を高めることが狙いですが、その一方で庁の新設はこれまでの行政スリム化の流れに反することになります。

あなたはいま、「スポーツ庁」を新設する必要があると思いますか。

(編集部 =週刊東洋経済2013年2月2日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。