302社――12月を決算月とする上場企業数

《気になる数字》

12月を決算月とする企業の決算発表が本格化している。これまで日本の上場企業の決算期といえば、3月期が圧倒的に多かった。だが最近は、12月期が増えている。2012年に12月を決算月とした企業は302社に上り、15年前に比べ41.7%増。全上場3571社に占める割合は8.5%に達し、15年前の6.5%から2ポイント上昇して、過去15年間で最高となった。

背景には日本企業の海外展開がある。日本以外の大半の国は12月決算が主流だ。特に中国は法令で、12月31日を決算日にすること、としている。IFRS(国際財務報告基準)は、連結決算における親会社と子会社の決算期統一を、日本基準より厳しく求めている。

こうしたことから決算月を12月に変更する上場企業が増加した。12年には、花王、東洋ゴム工業、サイボウズなどが決算月を12月に変えた。東洋ゴム工業はその理由として、「将来適用を検討している国際財務報告基準(IFRS)が規定する連結会社の決算統一の必要性に対応するため」と、IFRS対応を明記している。

なお、今でも最も多い決算月は3月だ。全上場企業に占める比率は70.2%に及ぶ。しかし、その比率は15年前の78.1%から大きく低下している。企業活動のグローバル化が、決算月の12月へのシフトを促している。

(データ事業局・荻原和樹 =週刊東洋経済2013年2月2日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。