米ISM製造業景気指数、6月は予想上回る上昇 新規受注や生産堅調

新規受注や生産堅調

7月1日、6月のISM製造業景気指数は53.2と、前月の51.3から上昇し、予想の51.4も上回った。写真は2012年6月、ケンタッキー州ルイビルのフォード工場で撮影(2016年 ロイター/John Sommers II/File Photo)

[ワシントン 1日 ロイター] - 米供給管理協会(ISM)が発表した6月の製造業景気指数は53.2と、前月の51.3から上昇し、市場予想の51.4も上回った。

内訳の新規受注、生産、輸出がそろって上昇し、米製造業が年初の低迷から切返しつつある兆候があらためて浮き彫りとなった。

50が景気拡大と悪化の節目となる。

新規受注指数は57.0と、前月の55.7から上昇。輸出(受注)も53.5と、52.5から上昇した。受注残は47.0から52.5に、生産は52.6から54.7にそれぞれ上昇した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。