米でも麺でもない、中州が誇る「伝説のシメ」

中高年の心と体を癒やす「おふくろの味」

水面に映える福岡市・中洲のネオン
当記事はqBiz 西日本新聞経済電子版の提供記事です

ススキノ(札幌市)、歌舞伎町(東京・新宿)と並ぶ、日本三大歓楽街の一つが、福岡市・中洲だ。那珂川と博多川に挟まれたまさに「中州」には、2600軒ものスナックやクラブがひしめき、水面に映るネオンが男心を誘う。

飲み会のフィナーレを飾るのが「シメ」だ。ラーメン、ギョーザ、うどんが「定番」(地元会社員)とはいえ、中高年の胃には「重い」時が。グルメもひしめく中洲には、地元通のシメがある。男が作る、おふくろの味だ。

那珂川沿いの横町、人形小路に入ると…

心も温まる「田」のみそ汁(玉葱とうずらの玉子)

おわんのふたを開けると、もわっと湯気が広がった。

一杯のみそ汁。

「豆腐と油揚げ」「あらかぶ」など15種類のうち、最も人気の「玉葱とうずらの玉子」(税別350円)を頼んだ。

一口含んだ。熱っ。みそもだしもほどよく、互いの個性を尊重し合って、バランスがいい。タマネギはシャキッとした食感が残る。二つ浮かんだウズラの生卵が、余熱で固まっていく。

ここは那珂川沿いの横町、人形小路。軒を接する料理屋の一角に「味噌汁 田(でん)」はある。

次ページ関東や関西からも人がやってくる理由
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。