市場が注目する「1937~1938年」の再来

世界経済は瀬戸際に立たされている

6月22日、世界で保護貿易主義やナショナリズムが台頭し、グローバル化の退潮をめぐる不安が再燃している。だからこそ国際貿易が大きく停滞した1930年代に何が起きたかについて、改めて市場の注目が集まっている。写真は1935年、世界恐慌のさなかに、ニューヨークの埠頭で古いコートを着たまま寝転んでいる失業者。提供写真(2016年 ロイター/Lewis W Hine/Franklin D. Roosevelt Presidential Library and Museum/National Archives and Records Administration)

[ロンドン 22日 ロイター] - 世界で保護貿易主義やナショナリズムが台頭し、グローバル化の退潮をめぐる不安が再燃している。だからこそ国際貿易が大きく停滞した1930年代に何が起きたかについて、改めて市場の注目が集まっている。

英国が23日実施する欧州連合(EU)離脱を問う国民投票がこうしたムードを助長している。

国民投票でブレグジット(英国のEU離脱)が決まればもちろん企業活動や国際貿易は打撃を受けるだろう。世界経済は薄氷を踏むような状況で、テールリスクがもたらすショックを吸収する余力を持ち合わせていないからだ。

だが国際貿易やさえない経済成長、投資リターンの減少に対する幅広い懸念が2007─08年の金融危機以降ずっと消えずにくすぶっている以上、英国がEUに残留すれば、事態は良くなるかと言えばそう単純な話にもならない。

貿易が拡大しないため、世界経済は過去10年で2回目の景気後退に陥るかどうかの瀬戸際に立たされている。成長率は、大方のエコノミストが1人当たり国内総生産(GDP)を安定させる上で必要とみている2.0─2.5%をかろうじて上回る状態だ。

オランダ政府の統計機関によると、世界の貿易額の伸びは今年3月までの3カ月平均が前3カ月比でマイナスに転じた。残念ながらこれは単なる季節的な動きではない。スイスの資産運用会社ピクテの分析では、昨年の世界の輸出入額は09年以降で最大の落ち込みを記録し、09─15年の平均伸び率は3%と、それ以前の25年間の平均の半分にとどまった。

次ページ外国直接投資(FDI)は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。