グローバル経営戦略

2012年12月13日、デロイト トーマツ コンサルティング監修の「グローバル経営戦略2013」『Think!別冊』No.5が発刊された。同社のコンサルタントの知見に加えグローバル化を味方につけて成長に拍車をかける経営者の体験など、今を生き抜くビジネスパーソン必読のコンテンツ満載である。そのエッセンスを順次公開。

Think!別冊 グローバル経営戦略
Global Leader's View
三谷社長 画像
三谷 宏幸
ノバルティス ファーマ株式会社 代表取締役社長
1割の異才をリーダーに育てBrutalなグローバル競争を勝ち残る

企業を取り巻く世界経済の動向は依然不透明なままだ。
このような経営環境の下、日本企業が苦境を脱し、
再び活力を取り戻すためにはどうすればよいのか。
グローバルの概念を根本から問い直し、ビジネスパーソンの意識を刷新する箴言を公開する。
これを読めば、世界が違って見えてくるだろう。
今、グローバル競争は英語でいうとBrutal(すごく激しい)な状態です。ものすごいスピードで変化している。ところが日本の若い人たちには、「何とか守ればいい」みたいなところがあるのが気になります。
若い人たちには、「今日あなたが経験することが、明日を変えるんですよ。今日変えない
            と、結局明日も明後日も変わりませんよ」ということを伝えたいですね。
日本では海外の支社で働く人たちにどういう目的やターゲットを与えて、どういう点で評価するのかが必ずしも明確になっていないのではないでしょうか。
海外経験と思考能力は違うのではないかと思います。逆に、中途半端に海外に行ったからといって海外で通用するわけでもありません。
異才を育てていかないと、このBrutalな現代の状況は乗り切れません。過去の経験がまったく利かない場面が出てきたときに普通の人が思いつかないような方法で状況を突破する、思考能力のある異才が1割は欲しいですね。
Think Contents!
Global Management News Pickup
一覧
デロイト トーマツ コンサルティング
Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。