カリフォルニア州、世界6位の経済規模に

フランスを抜き去った

 6月17日、2015年は米カリフォルニア州の経済規模がフランスを抜いて世界第6位だったことが明らかになった。同州はシリコンバレーやハリウッドなど多様で力強い経済拠点を保有。深刻な干ばつのなかでも、農業などが好調だったという。写真は農場の様子。オックスナードで昨年2月撮影(2016年 ロイター/Lucy Nicholson)

[サンフランシスコ 17日 ロイター] - 2015年は米カリフォルニア州の経済規模が、フランスを抜いて世界第6位だったことが明らかになった。州経済の活況と強い米ドル相場が支えとなった。

カリフォルニア州の6月の官報によると、同州の2015年の成長率は実質4.1%、総生産は2兆4600億ドルだった。

国際通貨基金(IMF)の統計によるとフランスの国内総生産(GDP)は2兆4200億ドルで世界第7位となり、インドは2兆0900億ドルで第8位だった。

州財務当局のチーフエコノミスト、イリーナ・アズムンドソン氏は、2014年のカリフォルニア州の順位は8位だったと指摘。電話インタビューで「2015年のカリフォルニア州は、極めて好調だった」と語った。

同氏によると、カリフォルニア州は、シリコンバレーやハリウッドなど多様で力強い経済拠点があり、深刻な干ばつのなかでも製造業と農業が好調だった。

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。