言い訳しない人生、始めませんか?

ケロッグで学ぶ、既成概念を打ち破る力

2012年を振り返るとき、「今年も目標を達成できなかったな」と反省する人は多いだろう。そして、次に続くのが、自分自身への言い訳だ。「でも、こんな事情があったからしようがないか」。そして次の年もまた同じことを繰り返してしまう。
 
そんな方々のために、今回は、「自分に言い訳をしない」リーダーシップを教えてくれる、MBAの授業をご紹介する。
 
「超一流MBA校で戦う日本人」。第4回目にご登場いただくのは、ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院に留学中の井上加奈子さん(30)。
井上さんは、10歳までアメリカで育った帰国子女。子どものときから、マイノリティとして生きる難しさを感じながら、日本への愛国心は人一倍強かったそう。
「日本企業のグローバル化に貢献したい」という夢を抱き、大学卒業後は、法律事務所、投資銀行など、3社で働いた。投資銀行では、日本企業が海外企業を買収する案件などに関わり、達成感もあったが、同時に日本企業がグローバル化されていないという理由で入札に勝てない現実も目の当たりにしたという。
「世界に通用する経営を学びたい」と会社を退職し、MBA留学。夫の康隆さんも2012年ケロッグに合格し、現在、夫婦で在学中だ。
井上さんは、卒業後、世界的な経営コンサルティング会社で、日本企業のグローバル化やM&Aプロジェクトを積極的に手掛けていく予定だという。そして、将来的には新興国、特に南アメリカで働いてみたいと思っている。
「ケロッグに留学するまでは、新興国で働きたいなんて、夢にも思わなかった」という井上さん。ケロッグでの留学生活は、井上さんの価値観をどう変えたのか?シカゴ近郊在住の井上さんに取材した。

ブラジルで働いてみれば?

ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院の新入生は、ほぼ全員、入学前に「オリエンテーション旅行」、Kellogg Worldwide Experiences and Service Trips(KWEST)に参加するという。

バルト3国を訪ねたオリエンテーション旅行で、運命の出会いが…(写真中央が井上さん)

これは入学前に、旅行先で共にボランティア活動などをするうちに、クラスメート同士が自然に仲良くなっていく仕組みだ。偏見なく、素の人間関係を築いていくことができるように、「旅行中は自分の経歴や国籍を話してはいけない」という決まりがあるという。

井上加奈子さん(30)は、2011年7月、KWEST旅行で、バルト3国(エストニア、ラトビア、リトアニア)を訪問した。30人ぐらいの新入生が参加した旅行で、井上さんたちは、貧しい人のための無料食堂でボランティア活動を行った。

この旅行で後に親友となるブルーナさんと出会う。

次ページ同じ場所ばかり見てたら、同じ答えしか出てこないよ!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。