中国海軍の軍艦1隻が日本の領海に侵入

鹿児島県口永良部島の西方で

 6月15日、世耕弘成官房副長官は、中国海軍の軍艦1隻が午前3時半ごろ、鹿児島県口永良部島西方で日本の領海に侵入したことを確認したと明らかにした。写真は2月、カンボジアでの軍事演習に参加した中国海軍の軍艦(2016年 ロイター/Samrang Pring)

[東京 15日 ロイター] - 世耕弘成官房副長官は15日午前の会見で、中国海軍の軍艦1隻が午前3時半ごろ、鹿児島県口永良部島西方で日本の領海に侵入したことを確認したと明らかにした。

NHKによると、中国海軍の情報収集艦1隻が鹿児島県口永良部島の西方で日本の領海に侵入したのを海上自衛隊のP3C哨戒機が上空から確認した。

報道によると、同艦船はその後、南東の方向に進み、午前5時ごろ領海を出た。中国海軍の艦艇が日本の領海に侵入するのは極めて異例だという。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
深圳発 中国メイカー革命<br>君は沸騰都市を見たか?

アジアのシリコンバレー、中国・深圳。スマホの世界大手ファーウェイ、ドローンの最大手DJIが本社を構える。起業家の野心が沸騰する街から始まった製造業革命の実像に迫る。