アストンマーティンが広島と福岡に出た理由

限定モデルや新世代スポーツカーが絶好調

日本初上陸のアストンマーティン・ヴァルカン(アストンマーティン広島にて)
去る4月、アストンマーティンの正規ディーラーが広島と福岡の2拠点でオープンした。オープニングイベントに来日した本国CEOのアンディー・パーマー博士に、同社の未来について伺った。

異例の大ヒット

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

いま、アストンマーティンが元気だ。先日発表した限定モデル「ヴァンテージGT8」は、16万5000ポンド(約2550万円)という価格ながらも150台が即完売。今年1月のジュネーブショーで初披露された新世代スポーツクーペ「DB11」(国内販売価格:2380万円)も、すでに1500台以上の受注を獲得し、当初の目標を大幅に越える記録を達成している。全世界で年間4000台しか販売しないメーカーとしては、異例の大ヒットだ。

主要マーケットは北米を中心にイギリス、ドイツ、スイスといったヨーロッパ各国、そして中国と続くが、年150台程度を販売するここ日本も例外ではない。今年4月下旬、広島と福岡に、それぞれ地域初となる正規ディーラーを新たにオープン。攻勢をかける。

「次の100年を目指したクルマ作りを」と語るCEOのアンディー・パーマー博士

「創業から100周年という節目を越えた今、我々は次の100年を目指したクルマ作りをしなければなりません。そのために出来ることは何でしょうか。それは伝統を守り、ハンドビルドで一台、一台を丁寧に作り上げていくこと──つまり日本でいう“匠”の精神を育てることです。そして常に進化し続けなければなりません。本日、日本初公開となったスペシャルモデル『ヴァルカン』は、アストンマーティンが描く未来のヴィジョンが至る所に散りばめてあります」

そう語るのは、今回のオープンにあわせて来日した同社CEOのアンディー・パーマー博士だ。彼の表情は自信に満ちあふれていた。

次ページビジョンがあるからこそ、攻めに出る
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。