携帯電話の電磁波と腫瘍発症に関連性、米政府が研究報告

米保健福祉省が研究報告

5月28日、米保健福祉省の国家毒性プログラムがまとめた研究結果によると、携帯電話の電磁波を当て続けた実験用のネズミに腫瘍の発症例が認められたという。北京で2月撮影(2016年 ロイター/DAMIR SAGOLJ)

[28日 ロイター] - 米保健福祉省の国家毒性プログラムがまとめた研究結果によると、携帯電話の電磁波を当て続けた実験用のネズミに腫瘍の発症例が認められたという。

同研究は、携帯電話の電磁波と2種類の腫瘍の関連性を指摘。実験用の雄ネズミの心臓と脳に、低い割合ながらも腫瘍ができたとしている。

研究報告は「携帯の電磁波に接することで高まる腫瘍発症率はごくわずかなものの、これには大きな意味合いが含まれている可能性がある」と指摘している。

実験では、米国で最も一般的な無線通信であるGSMとCDMA方式の電磁波をネズミに1日9時間、2年間当て続けた。

電磁波による健康への影響についてはこれまでさまざまな研究が行われているが、携帯電話の使用は安全だとされてきた。今回の報告は部分的な研究結果であるものの、携帯電話の使用とがんの関係性をめぐる議論を呼びそうだ。

米政府の研究員らは、今後2つの報告をさらに発表し、ネズミへの影響についてより多くのデータを明らかにするという。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。