2016年世界競争力調査の1位は香港、日本は?

スイスのビジネススクールIMDが30日公表

5月30日、スイスのビジネススクールIMDが公表した2016年の世界競争力調査で、ドイツが昨年から2つ順位を落として12位に転落、トップ10から外れた。写真はドイツの国旗。2014年11月、ベルリンで撮影(2016年 ロイター/Fabrizio Bensch)

[ベルリン 30日 ロイター] - スイスのビジネススクールIMDが30日公表した2016年の世界競争力調査で、ドイツが昨年から2つ順位を落として12位に転落、トップ10から外れた。日本は1つ順位を上げ、26位だった。

同調査は61の国と地域を対象に、景気動向、政府の効率性、経営効率、インフラの4つの主な要因から340を超える基準の分析に基づいている。

IMDのディレクター、アートロ・ブリス氏は、政府と景気動向の評価が下がったことが、ドイツ転落の主な原因であることを調査は示していると指摘。「ドイツにとって最大の脅威は自己満足」だとし、これをはねのければ再びトップ10入りできるとの見方を示した。

首位は香港で、スイス、米国がそれに続いた。アジアでは、シンガポール(4位)、台湾(14位)、マレーシア(19位)、中国(25位)、日本(26位)、タイ(28位)、韓国(29位)が上位30位までにランクインした。

トップ10は以下の通り。(カッコ内の数字は昨年調査での順位)

1.香港 (2)

2.スイス (4)

3.米国 (1)

4.シンガポール (3)

5.スウェーデン (9)

6.デンマーク (8)

7.アイルランド (16)

8.オランダ (15)

9.ノルウェー (7)

10.カナダ (5)

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。