地中海の悲劇、1週間で難民700人以上が死亡

この1週間でボート転覆事故が相次ぐ

 5月29日、国際医療援助団体「国境なき医師団(MSF)」と国連は、リビアからイタリアへ向かう難民ボートがこの1週間で相次いで転覆し、少なくとも約700人が死亡した可能性があると明らかにした。写真は海軍船から降りようとする難民・移民。南イタリアで撮影(2016年 ロイター/Antonio Parrinello)

[ローマ 29日 ロイター] - 国際医療援助団体「国境なき医師団(MSF)」と国連は29日、リビアからイタリアへ向かう難民ボートがこの1週間で相次いで転覆し、少なくとも約700人が死亡した可能性があると明らかにした。

このところ穏やかな天候が続き、欧州を目指す難民・移民が増加。23日以降に約1万4000人が救出された一方、少なくともボート3隻の転覆が確認された。ただ、死者の数は生存者の証言に基づく推計だという。

MSFは死者が900人に上るとの推定をツイッターで明らかにし、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は700人以上が死亡したとの見方を示している。

イタリアのシチリア島で28日に取材に応じた生存者の難民らは、多くの女性や子どもを乗せた大型漁船が転覆・沈没したと話した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。