JTBの危機感「航空券・ホテルの枠を押さえろ」

連続成長のためには予約枠の確保が課題に

旅行業界最大手・JTBの2016年3月期決算は、売上高が過去最高となり、営業利益は久々の増益となった(記者撮影)

「航空券、宿泊施設、貸切バスなどの仕入れ環境が様変わりした。難しさを感じている」――。旅行業界最大手、JTBの高橋広行社長は決算会見でそう語った。

未上場企業で旅行業界最大手・JTBが5月27日、2016年3月期決算を発表した。売上高は1兆3437億円(前期比1.5%増)で過去最高、営業利益は161億円(同45.1%増)と大幅な増益で着地した。ただし、期初に想定していた営業利益200億円の水準からは、かなり下回っている。

前期は北陸新幹線やUSJが牽引

業績を牽引したのは国内旅行事業の伸びだ。特にパッケージツアー「エースJTB」は過去最高の販売金額となった。

2015年3月に開業した北陸新幹線のキャンペーン、絶好調のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)向け「エリア入場確約」や「アーリー・パークイン」、さらに沖縄向けのツアー商品などの販売が牽引。粗利ベースでは133億円の増益だ。

グループで力を入れている海外からの訪日旅行も好調だった。JTBは、訪日外国人観光客(インバウンド)向けの専用サイト「JAPANiCAN(ジャパニカン)」などで、宿泊施設や観光情報などの発信を積極化している。

日本への送り出し国であるアジア各国に事務所を設けたり、日本の空港や観光地にインフォメーションセンターを置き、送り出し国と日本での受け入れの両輪で、対策を進めている。同部門の売上高は668億円(前期比約40%増)となり、粗利ベースでは54億円の増益要因となった。

次ページ業績予想が未達になった要因は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。