“インテル報道”に透けるシャープの焦燥

鴻海の出資はもはや望み薄

小沼 大地
クロスフィールズ代表理事
小沼 大地
一橋大学社会学部・同大学院社会学研究科修了。青年海外協力隊(中東シリア・環境教育)に参加後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。同社では人材育成領域を専門とし、国内外の小売・製薬業界を中心とした全社改革プロジェクトなどに携わる。2011年3月、NPO法人クロスフィールズ設立のため独立。会社員時代より社会貢献活動に関心を持つ社会人向けのコミュニティCompass Pointを主宰し、これまでに800人を超す参加者を集める。世界経済会議(ダボス会議)のGlobal Shapers Community(GSC)ジャパン2011に選出される。

11月20日、シャープは希望退職の募集に2960人が応募したと発表した。2000人程度としていた募集数を大幅に超過した。

今後の人件費削減効果が大きくなるという意味では一見プラスだが、会社を見限る従業員が増えていることを喜んではいられない。

さかのぼること1週間。14日、低迷していたシャープの株価は一時16円、実に2割以上も高騰した。一部の新聞朝刊が「米半導体大手インテルや米通信技術大手クアルコムがシャープに数百億円を出資する方向」と報じたことが材料視された。

同日の朝、シャープは「当社が公表したものではなく、また決定した事実もありません」と否定している。ただ、9月にインテルとの出資交渉が報じられた際のコメント(「そうした事実はありません」)との表現の違いが、株式市場の期待を高めた。

鴻海の出資は「望み薄」

目下、シャープがインテルを含む複数の企業に出資話を持ちかけているのは事実である。

10月中旬、渉外担当の片山幹雄会長が渡米。複数の取引先を行脚し、出資や業務提携を願い出た。「訪問先リストにはインテルも含まれていた」(シャープ関係者)。

これまでも片山会長は動いていたが、主力2行(みずほコーポレート銀行、三菱東京UFJ銀行)の視線は冷ややかだった。今回は、主力行関係者も「(渡米の)報告を受けており、期待している」とトーンを変えている。

従来、主力2行は台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業がシャープに出資する前提で再建計画を練ってきた。だが、シャープの株価急落を理由に、鴻海の郭台銘董事長が条件見直しに言及。奥田隆司社長との直接の会談も実現しておらず、結論は宙に浮いたままだ。

鴻海の動向に詳しい台北科技研究の大槻智洋代表は「決断が遅いシャープの経営陣に鴻海はほぼ愛想を尽かしており、財務部門も出資に反対し始めた」と指摘する。鴻海の出資はもはや「望み薄」の感がある。

次ページ主力2行を悩ます液晶事業は依然低迷
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。