スカイプのストックホルムオフィスに潜入

創業10年目の誓い(第2回)

スウェーデンの首都、ストックホルム。ここにスカイプの音声、映像の技術開発拠点がある。元はビール工場だったレンガ造りのオフィスからは、ノーベル賞の記念晩餐会が行われるストックホルム市庁舎が眺望できる。「iPS細胞」の開発でノーベル医学・生理学賞を受賞した、京都大学の山中伸弥教授も12月に訪れる場所だ。

テスト用ソフトウェア開発の責任者であるジャン・プラスバーグ氏がオフィスを案内してくれた。

左の写真ではやや分かりづらいかもしれないが、まず驚くのが、通路の一つ一つの壁がまっすぐではなく、微妙に傾いていることだ。

これはフロア間の音声をさえぎり、音声品質を確かめるエンジニアの作業に影響を与えないためだという。実際にオフィスは静寂で雑音は一切聞こえない。

内装に限らず、エンジニアがリラックスして働ける環境の構築にも配慮を行っている。ユニークなオフィスの作り方はグーグルが有名だが、スカイプのストックホルムオフィスも受け付けのすぐ先に卓球台があったり、従業員が自由に食べ飲みできるキッチンやその近くにもカフェスペース(=左写真=)も数カ所設けられている。

どの机からも窓の外が見える

ストックホルム市庁舎も一望できる

しかも、どこの机からも見える窓の外には湖が見え、良質な音声をユーザーに届ける一点に集中するために作られたオフィスだ。

ストックホルム以外にも技術開発の拠点はエストニアのタリン、チェコのプラハにある。

次ページ採用は専門性を重視
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。