ガス事業展開へ頼りにされる日本の資金力

米国シェール革命と日本《5》

――宮本常雄・KPMG FAS 執行役員・パートナーに聞く

米国で急速に進んだシェールガス、シェールオイルの生産本格化による「シェール革命」。日本でも秋田県で国内初のシェールオイル採取に成功したことにより、「シェール」への関心が高まっている。

「米国シェール革命と日本」シリーズ5回目では、国際的に監査、税務、アドバイザリー業務を展開するKPMGインターナショナルのグループ企業である、KPMG FASのパートナー、宮本常雄氏に米国の事情などについて聞いた。宮本氏はKPMG FASにおいてエネルギーチームを主導しており、特に米国のシェールガス関連ビジネスで主に日本企業を対象にアドバイザリー業務を行っている。

日本企業の資金なしには立ち行かない

――米国のシェールガスに関して、どのような業務を行っていますか。

KPMG FASでは、(1)最も“上流”に当たるガス採掘の権益の購入から、(2)ガスの液化施設やパイプラインへの投資、(3)輸出のための港湾設備への投資、そして、(4)LNG(液化天然ガス)の販売という“下流”まで、大きく分けて4つの分野で日本企業のお手伝いをしている。顧客には、商材や燃料としてガスを必要としている会社や、トレーディングで儲けようとしている会社、ファンドなどさまざま。当社は、国際的な会計や税務の経験と知識を駆使しながら顧客をサポートしている。

次ページメジャーが左右
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。