ユニリタ

今、私たちに求められる働き方の変革とは?

特別広告企画/ユニリタ

2015年4月のユニリタ発足時からイメージキャラクターをつとめるホラン千秋さん。今回は、弊社代表取締役の竹藤と、情報システム部門に求められる“働き方の変革”などについて対談いただきました。

大切なのは視点を広げ、
常に新しいことに挑戦すること。

竹藤浩樹(以下、竹藤) ユニリタが誕生したときからイメージキャラクターをつとめていただいているホランさんは当社の顔とも言える存在です。

ホラン千秋(以下、ホラン) ありがとうございます。

竹藤 ホランさんは、情報番組やITをテーマにしたドラマに出演されていて、ITの話題に触れることも多いかと思うのですが、日々の生活でITの進化を実感するのはどんなことですか?

ホラン なんでもスマホで済ませられることですね。例えば、昔はポイントカードでお財布が分厚くなっていたのに、今はスマホがポイントカードの代わりになる。それに、映画とかもスマホで観られるので便利ですよね。

竹藤 スマホのサービスにも、ニュースキュレーションアプリやデータ共有アプリといった「時間を効率的に使えるようになるサービス」と、ゲームをはじめとした「時間を埋めるためのサービス」があります。多くの人が「時間を埋めるためのサービス」を利用していますよね。みんなスマホをいじってばかりで、時間の使い方が下手になっているのではないかと思うときがあります。

ホラン そうですね。私も「時間を埋めるためのサービス」を使うことが多いかもしれません。電車でネットニュースをチェックしたり、映画やドラマを観たりしていますからね。

竹藤 どうして電車で観るんですか?

ホラン 観たい映画を電車で観ておけば、家にいる時間は他のことに使えるかなと。

竹藤 それは時間を有効活用しているとも言えますよね。

ホラン 確かに(笑)。

竹藤 ホランさんはニュース系からバラエティまでさまざまなテレビ番組に出演されていますし、音楽フェスなどの仕事もしている。新しい仕事にも積極的に取り組んでいますよね。

ホラン でも実は私、臆病なところもあって、新しい仕事の依頼が来ても「無理!」って思うこともあるんです。ただ一方で好奇心旺盛でもあるので、新しいことに挑戦するのは好きなんです。もちろん、今までにやったことのない仕事は緊張もします。だけど、緊張するのはいいことだと思うんです。緊張するのは、新しい自分に挑戦している証拠ですからね。でも飽きっぽい性格が玉にキズ(笑) 。

竹藤 飽きっぽいのは私も一緒ですね(笑)。でも、常に新しいことに取り組むことは大切ですよ。3年くらい同じことをやっていると、ついつい安定志向になってきますしね。上手くいかないことがあってもいいんです。私もニューヨークに駐在していたときに何億もの赤字を出しましたが、日本に呼び戻されて、借金を返せということで社長になった(笑)。だから、ちょっとやそっとの失敗はどうってことないんです。

次ページ新しい取り組みに積極的に挑戦する
お問い合わせ
ユニリタ
ユニリタは、「ユニークな発想」と「利他の精神」でお客さまと社会に貢献する自社開発のパッケージソフトウェアメーカーです。
http://www.unirita.co.jp/