プリウスと住宅の連携、トヨタが探る理想像

トヨタの挑戦

プリウスと住宅の連携、トヨタが探る理想像

トヨタ自動車は10月22日、ハイブリッド車(HV)「プリウス」(=タイトル横写真=)を一部改良したと発表した。目玉は、フロントコンソールトレイとラゲージスペースにAC100V電源を1500Wまで使用可能なコンセントをオプションで追加できるようにしたことだ。

また、電気自動車(EV)としても走行が可能なHVの仕様である「プリウスPHV」では、さらに充電ポートに差し込んでドアを閉じた状態でも車外に電源供給できるコネクターをセットでオプション設定している。

 

 

PHV1台で一般家庭の日常使用電力の4日分をまかなえる。搭載された蓄電池を家庭用電源として活用できるのはハイブリッド車ならでは。停電などの非常時に車両から給電できるのは、間違いなく便利だ。

だが、トヨタの狙いはそれにとどまらない。

 

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。