笑うフェルメールと微笑むモナ・リザ 名画に潜む「笑い」の謎 元木幸一著

笑うフェルメールと微笑むモナ・リザ 名画に潜む「笑い」の謎 元木幸一著

西洋絵画における笑顔といえば、思い出されるのが「モナ・リザ」の微笑だろう。一般に「謎の微笑」と呼ばれているが、本当のところはどうなのか。著者はヨーロッパ絵画における肖像画の歴史をたどり、ルネサンス期に微笑が高貴な女性の付加価値になったことを指摘。「モナ・リザ」の微笑もその表れと読み解く。

日本で人気の高いフェルメールも、多くの作品で笑顔を描いているが、その笑いは一様ではない。そこには何が隠されているのか。成人したキリスト像が笑っていないのはなぜか。西洋絵画において数々の名画を生み出す原動力となった「笑い」を切り口に、ルネサンスから17世紀末までの中世西洋美術史を語る。

小学館101ビジュアル新書 1155円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
日銀総裁 黒田東彦<br>知将の誤算

知を何よりも重んじる「主知の人」黒田・日銀総裁。自らの知見を結集した「異次元緩和」の挑戦は誤算の連続。それでもなお、2%の物価上昇率への執心は変わらない。人間・黒田を追う。