愚痴投稿で懲戒も!SNS「やり過ぎ」の境界線

私生活上の過失が会社の処分に繋がるケース

会社員や公務員が投稿する場合に気をつけたいこととは?(写真 :sasaki106 / PIXTA)

「すごーくアッタマきて、尚且つガッカリする出来事がありました!」。Facebookにそんな投稿をした千葉県東庄町の50代の女性職員について、町が「住民の方に不愉快な思いをさせてしまい申し訳ない」と謝罪する出来事があった。

女性の書き込みは3月14日付け。「肉でまちおこしをと考えて、手当たり次第ある意味がむしゃらにやったら足元掬(すく)われた」と、不満をぶちまけたようだ。投稿のプリントアウトが匿名で届き、問題が発覚した。

東庄町の総務課は、弁護士ドットコムニュースの取材に対して、「町ではSNSに関するルールは作っておらず、個人のモラルにお願いしてきた。今回のような問題は初めてのケースであり、過去の事例も検討しながら、処分するかどうかを含めて検討中でございます」と話した。

「懲戒処分」はどんな時に?

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

今回の投稿が、処分対象になるとしたらどんな場合なのだろうか。また一般的に、会社員や公務員がSNSに投稿する場合、どのような投稿は認められ、認められないのだろうか。土井浩之弁護士に聞いた。

「会社の愚痴をSNSで公開したことが、懲戒処分事由となるかどうかは、かなり微妙な問題ですね。懲戒は、まず『企業秩序』違反があり、その違反の程度に応じて処分されるものだからです」

企業秩序に違反する場合とは、具体的にどのようなケースだろうか?

次ページ企業秩序違反になる具体的なケースは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ビジネスに効く!<br>教養としてのテクノロジー

AI、ブロックチェーン…今さら聞けないテクノロジーを解説。会計・英語に並ぶビジネスの即戦力スキルだ。米MITメディアラボ・所長伊藤穰一のインタビューを掲載。未来を見通す特集。