始まった優先株転換 三菱自動車再建の行方

始まった優先株転換 三菱自動車再建の行方

経営再建中の三菱自動車を支えてきた三菱グループが、静かに動き始めた。

今春、三菱自の益子修社長は、中国企業から出資をあおぐ計画をグループ首脳との間で討議している。「最終的には、相手が中国企業ということで強硬に反対する企業があって流れた」(三菱グループ企業の幹部)。

三菱自動車のスポンサー探しは、2010年にプジョー・シトロエンとの交渉が破談で終わって以来、中断している。中国企業との話がご破算になったことで、三菱グループ各社は、目先に迫る課題に向き合わざるを得なくなった。グループ各社に膨大に積み上がった、三菱自動車の優先株の処理である。


関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。