セブン&アイ、井阪氏の社長就任を承認

指名・報酬委員会で決定、19日に取締役会

 4月15日、セブン&アイ・ホールディングス は、取締役会任意の「指名・報酬委員会」を開き、新しい経営体制について協議した。関係筋によると、井阪隆一セブン―イレブン・ジャパン社長兼最高執行責任者(COO、58)がホールディングスの社長に就任する人事案を承認した。19日の取締役会で決議したうえで、5月下旬の株主総会を経て正式決定することになる。写真は都内で6日撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 15日 ロイター] - セブン&アイ・ホールディングス <3382.T>は15日、取締役会任意の「指名・報酬委員会」を開き、新しい経営体制について協議した。関係筋によると、井阪隆一セブン―イレブン・ジャパン社長兼最高執行責任者(COO、58)がホールディングスの社長に就任する人事案を承認した。19日の取締役会で決議したうえで、5月下旬の株主総会を経て正式決定することになる。

指名委員会で承認した人事案によると、後藤克弘取締役・最高管理責任者(CAO)(62)が副社長となる。村田紀敏社長兼COO(72)は退任する。

セブン―イレブン・ジャパンの社長には古屋一樹副社長(66)が昇格する。

 

 

(清水律子)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。