クックパッド、泥沼騒動で社内は危機的状況

経営陣と社員に亀裂、どうなってしまうのか

迷走が続くクックパッド。サービスの魅力を保つことはできるのだろうか

終着点はどこにあるのか。急成長を続けてきたレシピサイト最大手のクックパッドが、経営体制をめぐる騒動で揺れに揺れている。

2015年度は第1四半期から第4四半期まで、連続で売上高と営業利益が過去最高を更新するなど、業績は絶好調だ。一方で経営の混乱は収まらず、先行きは不透明である。

騒動の発端は今年1月。創業者で筆頭株主(約44%を保有)の佐野陽光氏が、「経営ビジョンに大きな歪みが出てきた」として、株主提案で取締役を刷新しようと動いたことだった。ただ、2月に会社側と佐野氏が歩み寄り、提案を一本化していた。

一度は収束に向かうかに見えたが、騒動は突然の社長交代劇で再燃する。

執行役の解任で、日々の業務も混乱

3月24日の株主総会後に開かれた取締役会。新事業や多角化を進め、近年の急成長を牽引した穐田(あきた)誉輝社長が続投するとみられていたが、まさかの退任。コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー出身の岩田林平氏が新社長に就任したのだ。

ある社員は「共同代表などの形で穐田氏にも代表権が残るはずだったが、取締役会で突然、反故にされた」と語る。

それだけではない。財務や広告など、業務執行の最高責任者である執行役も、穐田氏を除く5人が一挙に解任された。決裁権者が突然不在となり、社内は日々の業務にも混乱を来していた。

次ページ佐野氏はどこで不満を感じていたのか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。