静かなる大恐慌 柴山桂太著

静かなる大恐慌 柴山桂太著

世界は「静かなる大恐慌」に突入したと指摘する。はじけたバブルの大きさに比べ、静かに見えるのは、各国政府がなりふり構わずに、企業を救済し、金融緩和で市場にカネを流し、財政出動を行って、パニックを防いでいるから、というだけだと、著者は考える。この処方の副作用はこれから問題化する。

このまま世界経済の混乱が続けば、各国は争って他国の需要を奪い合い、国際紛争が多発。国内もそのダメージから内紛が頻発する。つまり、20世紀初頭の世界恐慌、世界大戦の時代にも似た様相を見せ始めることになるという。

グローバル化の行き詰まり、急反転というショックの中を日本はいかに生き抜くか。その帰趨を探る。

集英社新書 777円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。