イギリスで「パンダのふん」を詳細分析へ

謎めいた食性の解明目指す

 4月13日、スコットランドのエディンバラにある動物園で、飼育されている英国唯一のジャイアントパンダのふんを採集し、食性を分析する研究が行われることになった。写真は12日撮影のメスのパンダ「甜甜(ティアン・ティアン)」(2016年 ロイター/Russell Cheyne)

[エディンバラ 13日 ロイター] - スコットランドのエディンバラにある動物園で、飼育されている英国唯一のジャイアントパンダのふんを採集し、食性を分析する研究が行われることになった。

パンダは食べ物の好き嫌いが激しいとされているが、動物園によると、これまでの研究で60種類前後の竹を食べるほか、他の植物、菌類、動物なども食べている可能性があることが分かっている。

動物園は「すでに、ジャイアントパンダにとってすべての竹の種類が同じではないことが広く認識されている。また、食べるものの種類は、個体の状況、季節、場所によって変化している可能性がある」と述べた。

DNA鑑定など次世代技術を駆使して分析され、野生パンダの保護につなげるという。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。